負担限度額について − 社会福祉法人和幸園

所得の低い方には負担の限度額が設定され、居住費・食費の負担が低く抑えられ、保険給付で補われることとなります。
負担限度額による保険給付の対象となるのは、利用者負担第1段階〜第3段階の方であり、具体的には下記の表のとおりとなります。

利用者負担段階 対象者
第1段階 ・市町村民税世帯非課税の老齢福祉年金受給者
・生活保護受給者
第2段階 ・市町村民税世帯非課税であって、
 課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方
第3段階 ・市町村民税世帯非課税であって、第2段階以外の方
 (課税年金収入が80万円超266万円未満の方など)
第4段階 ・上記以外の方