本文へスキップ

TEL. 017-737-3333

〒039-3504
青森県青森市大字矢田字下野尻48番3

お知らせ

トップページ
事業所のご案内
交通案内
このページの先頭に戻る

仕事と家庭の両立支援について

(2011年2月18日)
【 社会福祉法人和幸園 行動計画 】
1. 計画期間 平成27年4月1日から平成30年3月31日

2. 内容

 ◆ 子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備

  [目標1:子の看護休暇制度を拡充(子の対象年齢の拡大、半日又は時間単位での
  取得を認めるなどの弾力的な運用)]
   <対策>
    1.部門調整会議や衛生委員会で検討開始、アンケート調査等
    2.制度の導入等、職員への周知を図る
   
  [目標2:子どもが生まれる際の父親の休暇取得促進]

   <対策>
    1. 部門調整会議や衛生委員会で各部署の担当者へ指導する
    2. 職員への周知を徹底する

 ◆ その他次世代育成支援対策

  [目標3:子どもを交通事故から守るため、職員の安全運転の意識を高めるための啓発を行う]

   <対策>
    1. 全職員を対象に安全運転講習を行う
    2. 月に1回以上、朝の引継ぎで通勤時の安全運転を呼びかける


   <公表の方法>
    ・ インターネット「両立のひろば」へ掲載
    ・ 法人ホームページに掲載


■ 一般事業主行動計画について

 日本における少子化の急速な進行への対策として、平成15年7月に成立・公布されたのが「次世代育成支援対策推進法」です。平成21年3月に改正が行なわれ、「一般事業主行動計画」※の策定及び届出が、平成23年4月1日以降、従業員数が101人以上の企業について義務となりました。それに伴い、当法人においても平成23年2月に「一般事業主行動計画」を作成。平成27年4月「一般事業主行動計画」を更新し、達成に向けて推進していきます。

※「一般事業主行動計画」とは、従業員の仕事と子育ての両立を支援するための雇用環境の整備等について事業主が策定する計画のことです。

■ 和幸園における 仕事と家庭の両立支援に関する実績
 当法人では、職員の仕事と家庭の両立支援に関する取り組みとして、現時点で以下の実績があります。
●法律を上回る産前産後休業制度を整備(産前休暇が8週間前から取得可能であり、健康保険の出産手当金支給の対象とならない産前2週間については、標準報酬額の3分の2を支給している)。
●継続的に育児休業取得者の実績があり、取得率も高い(平成26年度:1名 、25年度:4名、24年度:2名、23年度:3名、22年度:2名)。
●子の看護休暇、所定外労働の免除、時間外労働の制限、深夜業の制限、所定外労働の短縮など、複数の措置を規定し、平成22年度から整備された短時間勤務制度にも、同年度より利用実績がある。
●育児に配慮した柔軟な勤務制度を整備し、勤務時間・内容等、職員の希望に沿えるよう努めている。
●産前、産後休業及び育児休業制度に関する手続き等の事前説明や申請などのフォロー体制が整備されている。
●上記の他、一般事業主行動計画の内容に基づき取り組み中である。

※「次世代育成支援対策推進法」についての詳細は、厚生労働省のホームページをご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/jisedai/index.html

ロゴマークについて

(2008年8月8日)
 法人設立45周年記念事業として「ロゴマーク」を作成いたしました。法人内職員に原案作成を呼びかけ、19名61点の応募総数の中から選ばれた一作品を原案とし、下記のロゴマークが完成しました。

原案イメージ
 和幸園の「和」にあるように和やかなイメージを表す円形を用い、また、互いに手に手を取り合う形をイメージして円形を重ねました。

■ 色・形の決定
 原案では円が正方形であったものを、上記のように楕円形にしました。
 色は、紫一色または無色であったものを、太陽を表す「オレンジ」、森を表す「緑」、海・空を表す「青」と、それぞれ自然をイメージした色を使用しました。
 文字を少し大きめにして最終決定としました。